ピラティスとは?
ピラティスの歴史
ピラティスの種類
ヨガとの違い
アメリカのピラティス事情
ダイエット
肩こり・腰痛予防or改善
ストレス解消
リハビリ中の方
妊娠中の方
中高年の方
スポーツ選手
ダンサー
用意するもの
準備運動
呼吸法
基本のエクササイズ1
基本のエクササイズ2
ピラティス教室に通う
ピラティス留学する

ピラティス教室に通う!

ピラティスの本やDVDを買ってやってはみたけど、やっぱり続かない…そんな人には「ピラティス教室」がおすすめです!独学でやるのと、プロのインストラクターに教えてもらうのとでは、感じられる効果もまったく違うでしょう。ぜひ、自分に合った「ピラティス教室」を見つけてください。

「ピラティス教室」の種類

一口に「ピラティス教室」と言っても、様々な場所でレッスンが行われています。また、教室によってレッスンの形態も異なります。

スタジオ

最近は、ピラティス専門のスタジオが増えています。専用マシーンが完備されているスタジオも多く、プライベートレッスンまたは少人数制のグループレッスンが用意されているので、しっかり習いたい人には向いています。


このほか、ヨガやバレエなどを教えているスタジオでも、ピラティスを習える場合があります。ピラティスだけではなく、他のダンスもやりたいという人にはいいかもしれません。

フィットネスクラブ・スポーツジム

フィットネスクラブやスポーツジムでも「ピラティス教室」が実施されています。1人ひとりに合ったメニューを用意してくれたりするので、ちゃんと体づくりをしようと思っていたり、健康のためにダイエットを考えている人に適しています。

カルチャーセンター

カルチャーセンターには様々なジャンルの講座が揃っています。特に美容や健康に高い関心を持つ女性を中心に、ピラティスの講座は人気を集めています。何が趣味を持ちたい人や、より充実させたい人はカルチャーセンターの講座がおすすめです!

その他の公共施設

各地域の公共施設などでも、「ピラティス教室」をやっています。公共サービスのため、料金が安く、あっという間に定員がいっぱいになってしまうことが多いです。また、開講期間が決まっている場合が多いことから、短期集中型の人にはいいのではないでしょうか。

選び方のポイント

今、様々なところで行われている「ピラティス教室」ですが、沢山あってどの教室を選べばいいか分からないという人もいることでしょう。そこで、「ピラティス教室」の選び方のポイントを見ていきたいと思います!

料金システムはどうなっているか?

「ピラティス教室」を選ぶ際に、一番気になるのは料金ですよね。教室によって、異なった料金設定になっています。レッスン1回ごと、月単位、3ヶ月単位など、色んな支払い方法があります。また、入会金もあったり、なかったり…。通うことのできる日数や期間を考慮した上で選びましょう。

1回ごとの支払いの場合、便利な回数券やチケットが使える教室もあります。そういったものを上手に利用したいものですね。

レッスン形態はどうなっているか?

特にピラティス初心者にとって、レッスン形態はとても重要なポイントになります。「ピラティス教室」では、グループレッスンとプライベートレッスンに分けられています。

グループレッスン

グループレッスンでは、1人のインストラクターが大勢の受講者に教えます。その人数は4~5人と少人数制のところから、20人ほどの大規模なところまで色々です。人数によって教室の雰囲気もだいぶ変わってくるでしょう。習熟度に応じてクラス設定されていたり、マタニティ、男性向けなどのクラスもあります。

プライベートレッスン

プライベートレッスンは、インストラクターが体の状態を判断し、個人の希望に応じたプログラムに沿って行います。周囲の目を気にせずに自分のペースでレッスンを受けることができるため、わりと早く上達するでしょう。ただ、マンツーマンということで、料金は少し高めに設定されています。

予約制なのか?

「ピラティス教室」のほとんどは、予約制のところが多いかもしれませんね。クラスや日時を前もって決めておく予約制の場合、定員数を気にすることなく、安心してレッスンを受けることができます。プライベートレッスンでは、予約すれば希望のインストラクターに習えます。


このほか、“ドロップイン”のシステムをとっている教室もあります。これは、予約なしでレッスンを受けられるものです。グループレッスンでは人数が定員割れしているとき、プライベートレッスンではインストラクターの空き時間などに受けることができます。

「出張レッスン」について

ピラティスを始めたいのに、近くに教室がない…そんな人は、「出張レッスン」を受けてみてはいかがでしょう?友達同士の少人数グループや個人向けの「出張レッスン」というのは数少ないですが、施設代がかからないため、一般の「ピラティス教室」に比べ、割安でレッスンが受けられます。小さな子供がいて、家を空けられない人などにもピッタリですね。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

HOMEリンクサイトマッププライバシーポリシー

|ピラティスとは?|ピラティスの歴史ピラティスの種類ヨガとの違いアメリカのピラティス事情

|ピラティスと健康|ダイエット肩こり・腰痛予防or改善ストレス解消

|誰でもできるピラティス|リハビリ中の方妊娠中の方中高年の方スポーツ選手ダンサー

|ピラティスをやってみよう!|用意するもの準備運動呼吸法基本のエクササイズ1基本のエクササイズ2

Let'sピラティス

|ピラティスをさらに極める!|ピラティス教室に通う|ピラティス留学する


copyright 2010 Let'sピラティス All Rights Reserved.