ピラティスとは?
ピラティスの歴史
ピラティスの種類
ヨガとの違い
アメリカのピラティス事情
ダイエット
肩こり・腰痛予防or改善
ストレス解消
リハビリ中の方
妊娠中の方
中高年の方
スポーツ選手
ダンサー
用意するもの
準備運動
呼吸法
基本のエクササイズ1
基本のエクササイズ2
ピラティス教室に通う
ピラティス留学する

スポーツ選手

スポーツ選手には、しっかりとした“軸”が求められます。軸がしっかりしていなければ足の裏に正しく体重をかけたり、体のしなやかなバネを生み出すことはできません。その軸を正すために最近、プロのアスリートの間でもトレーニング法の1つとして、ピラティスを取り入れる人が増えています。

ピラティスとスポーツ選手

野球、サッカー、ゴルフなど、今やピラティスは色々なスポーツ分野でも行われています。トップアスリートたちの共通点としては、良い姿勢、強い体幹、しなやかな筋肉などが挙げられますが、それらを作り出すのがピラティスというわけです。


骨盤と肩甲骨が大切!

運動中の体は、固定される部位と自由に動く部位に分けられます。固定される部位は体幹です。体幹は骨盤や脊柱、肩甲骨周りの筋肉を含みます。自由に動く部位は四肢(腕と脚)になります。腕は肩甲骨、脚は骨盤から始まります。ベースとなる骨盤と肩甲骨が不安定だと、腕や脚を正確に動かすことはできません。さらに、ベースがしっかりと固定されていなければ腕や脚に余分な力が入ってしまいます。余分な力が入ってしまうと腕が振りぬけない、けがをしやすい、バランスを崩しやすい、腕や脚を自由にコントロールできないなど様々な問題が起こってきます。


これらの問題が起こらないようにするために、効果的なトレーニング方法がピラティスと言えます。次の項目からは、ピラティスを行うことによるメリットを紹介していきましょう。

スピード

スポーツ選手にとって、スピードは勝敗を握るカギにもなります。そのスピードをアップさせるには、体の軸をしっかりさせる必要があります。ピラティスは、体幹を強くすることができるので、軸の安定にもつながります。そして、それが驚異的な瞬発力になります。スポーツ選手が最大限のスピードを出すには、素早く重心移動をしなければなりません。そのためには、いつも重心を置いておく場所を確保しておくことが大切です。そこで、ピラティスをすると重心のポジショニングがしやすくなるのです。ただ単に重心を体幹の真ん中に置いておくだけではなく、必要な筋肉を必要なときに使えるようにしておくには、ピラティスが適しています。ピラティスで、最短かつ最速で重心移動できるような体をつくることができます。


このほか、正しく体重をかけられるという点では、スキーや登山も安定した状態で長く続けることができるでしょう。

回旋動作能力

スポーツ選手はトレーニングにピラティスを取り入れる理由は、スピード強化だけではありません。様々なスポーツの中でも特に野球やテニス、ゴルフといった体をねじる動作の多いスポーツの場合、ピラティスをすることでよりスムーズな回旋動作ができるようになるでしょう。その結果、ボールの飛距離をのばすなど、大きなパワーを発揮することができます。“ピラティスの原則”と言われるものの中に「2方向に伸びて相反する力」があります。この上下に抜ける感覚こそ、回旋動作の向上に不可欠なものなのです。これは、フィギュアスケートの選手がジャンプをする際にも重要で、回旋動作のバネが強くなることで、跳んだときに空中での回転数が増えます。

神経伝達能力

スポーツの世界では、高い神経伝達能力がなければ命取りになるといっても過言ではありません。このため、スポーツ選手には意識的に筋を収縮させたり、伸ばしたりする能力が求められます。ピラティスでこの神経伝達能力を鍛えることで、スポーツ選手にとっては一番コワイけがをしにくい体をつくることに役立ちます。また、この神経伝達能力を高めることは、素早い動きが可能となって上記の“スピードアップ”にもつながります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

HOMEリンクサイトマッププライバシーポリシー

|ピラティスとは?|ピラティスの歴史ピラティスの種類ヨガとの違いアメリカのピラティス事情

|ピラティスと健康|ダイエット肩こり・腰痛予防or改善ストレス解消

|誰でもできるピラティス|リハビリ中の方妊娠中の方中高年の方|スポーツ選手|ダンサー

|ピラティスをやってみよう!|用意するもの準備運動呼吸法基本のエクササイズ1基本のエクササイズ2

Let'sピラティス

|ピラティスをさらに極める!|ピラティス教室に通うピラティス留学する


copyright 2010 Let'sピラティス All Rights Reserved.