ピラティスとは?
ピラティスの歴史
ピラティスの種類
ヨガとの違い
アメリカのピラティス事情
ダイエット
肩こり・腰痛予防or改善
ストレス解消
リハビリ中の方
妊娠中の方
中高年の方
スポーツ選手
ダンサー
用意するもの
準備運動
呼吸法
基本のエクササイズ1
基本のエクササイズ2
ピラティス教室に通う
ピラティス留学する

妊娠中の方

今人気のピラティスは、妊娠中の女性にも簡単にできるエクササイズとして親しまれています。マタニティピラティスは、元気な赤ちゃんを産むための準備運動のようなものです。また、妊娠中だけではなく、産後の体調・精神的不調などにも効果を発揮します。ピラティスで、妊娠中も出産後も快適に過ごしましょう!

出産へ向けての体力づくり

妊娠中であっても、適度な運動は自分自身のためにも、お腹の赤ちゃんのためにも良いことです。ピラティスは、そんなプレママたちにも大好評!マタニティヨガよりも簡単にゆったりとできるピラティスを妊娠中の運動として取り入れる人が増えています。


ピラティスは、出産で必要な筋肉や柔軟性のバランスを整えるのに役立ちます。筋肉をほぐしながら鍛えることで、出産時にそれほど息まずにすんなりと産むことができるでしょう。また、ピラティスで骨盤を後ろに傾ける練習もできます。この練習をしておくと、赤ちゃんが苦しまずに済みます。そのほか、赤ちゃんが次第に大きくなってくると、当然のことながら、お母さんのお腹は突き出てきますよね。それと比例するように腹筋も薄くなり、正しい姿勢を保つことが難しくなってきます。妊娠中のピラティスは、できるだけ正しい姿勢でいられるように手助けをしてくれます。

妊娠中のトラブルを解決

妊娠中の体はとてもデリケートで、ちょっとしたことでもホルモンのバランスが崩れやすくなっているので、いつトラブルが起こっても不思議ではありません。妊娠中は血液量が増えることから、むくみの症状が出たり、ほかにも腰痛や肩こり、背中の痛み、便秘など様々な症状が見られます。ピラティスを行い、全身のエクササイズをすると、かたくなっていた筋肉は少しずつほぐされて症状も改善していきます。せっかくお腹の赤ちゃんとともに過ごすマタニティライフなので、こんな体の不調で散々なものにはしたくないですね。このようにピラティスは妊娠中、多くの人は経験するような体のトラブルを解決するために、とても効果的なんですよ。

産後にも効果的

さらに、出産に対する不安もピラティスは取り除いてくれます。特に初めての出産の場合は、色々な不安がつきまとうもの…。ピラティスの呼吸法で、出産に対しての前向きなイメージトレーニングができます。同時に出産の呼吸法の練習にもなるので、ゆっくりと繰り返し行うようにしましょう!

産後もおすすめ!

妊娠中の不安解消に限らず、産後の体と心の状態を整えることもピラティスの役割と言えるでしょう。まず、妊娠中に薄くなった腹筋を元に戻すのに有効です。さらに、骨盤の底で胎盤や羊水、赤ちゃんの体重を支えていたため、胎盤底の筋肉が伸びきった状態になっています。その筋肉の回復にとても役立ちます。ほか、産後は妊娠中に増えてしまった体重、そして変わってしまった体形を取り戻すことに、多くの人が一生懸命になります。1人ひとりが様々な方法で元の体重または体形に戻す努力をしていると思いますが、そんなときの方法の1つとして、ピラティスをおすすめします!

育児の不安も解消!

不安だった妊娠期間が終わり、やっと我が子とご対面!ですが、今度は育児への不安にかられる人も少なくありません。なかには、そのことが原因で情緒不安定になってしまう人も…。産後の精神的な乱れもスッキリさせてくれるのもピラティスになります。赤ちゃんと一緒に参加できるピラティス教室や講座なども数多くあります。ピラティスそのものの効果以外に、そういった場に参加して同じ悩みを持った人と交流することで、ストレス発散ができます。赤ちゃんはお母さんの笑顔が大好き!赤ちゃんの健やかな成長のためにも、お母さんの心の安定が大切なのです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

HOMEリンクサイトマッププライバシーポリシー

|ピラティスとは?|ピラティスの歴史ピラティスの種類ヨガとの違いアメリカのピラティス事情

|ピラティスと健康|ダイエット肩こり・腰痛予防or改善ストレス解消

|誰でもできるピラティス|リハビリ中の方|妊娠中の方|中高年の方スポーツ選手ダンサー

|ピラティスをやってみよう!|用意するもの準備運動呼吸法基本のエクササイズ1基本のエクササイズ2

Let'sピラティス

|ピラティスをさらに極める!|ピラティス教室に通うピラティス留学する


copyright 2010 Let'sピラティス All Rights Reserved.