ピラティスとは?
ピラティスの歴史
ピラティスの種類
ヨガとの違い
アメリカのピラティス事情
ダイエット
肩こり・腰痛予防or改善
ストレス解消
リハビリ中の方
妊娠中の方
中高年の方
スポーツ選手
ダンサー
用意するもの
準備運動
呼吸法
基本のエクササイズ1
基本のエクササイズ2
ピラティス教室に通う
ピラティス留学する

ダンサー

プロのダンサーたちの間でもピラティスは広く知られ、人気のエクササイズとなっています。ピラティスの歴史をたどれば、ダンサーによって広められたエクササイズとも言えるでしょう。ダンサーにとって、ピラティスとは何なのか…その関係性について見ていきたいと思います。

ピラティスとダンサー

ダンサーは、ピラティスの歴史と大きな関わりを持っています。【ピラティスの歴史】のページでも触れていますが、このエクササイズの考案者であるジョセフ・ピラティス氏が1926年にニューヨークにスタジオを開設したとき、彼はまずダンサーたちにピラティスを教えました。その当時、ニューヨークはブロードウェイの舞台が大ブームだったため、ニューヨークには世界中から有名ダンサーも数多く集まっていました。


なかでも、当時から伝説的なダンサーとされていたマーサグラハムやラスデニス、ジョージバランチンがジョセフ・ピラティス氏のスタジオに通っていました。そこで、ピラティスを習い、再起不能とまで言われていたけがのリハビリに専念したのです。このことからダンサーたちの中には、ピラティスはダンスをするための体づくりに最適なエクササイズだという認識があるというわけです。

心と体が一体に!

ダンサーはダンス・パフォーマンスを通して、自分を表現します。最高のパフォーマンスをするためには、心と体が調和していなければなりません。自由自在に動く体のその先に、豊かな感情表現が生まれるのです。ダンサーには体のしなやかさがとても重要になります。それと同時に、しなやかな動きをサポートするための筋肉が必要です。ピラティスをすると、その筋肉をつけることができます。ピラティスによってインナーマッスルを強化し、けがの心配要らずの体が手に入ります。その結果、精神的にも余裕ができ、素晴らしいパフォーマンスへとつながっていきます。ピラティスで、心と体が一体になる感覚を味わってください!

骨格を正常に!

多くの人を魅了するパフォーマンスには、ダンサーの骨格も重要なポイントになります。骨盤や背骨の位置、可動域といったものは、ダンスに大きな影響を及ぼします。ピラティスでのトレーニングにより、骨盤や背骨を正しい位置に戻せば、自然と筋肉のバランスも良くなって、無駄な動きが少なくなります。さらに可動域が広くなると、今までできなかったようなダイナミックな動きも簡単にできるようになり、表現の幅が広がるでしょう。


骨格を整えて良い姿勢を保つことはダンサーに限らず、大切なことです。なかでも、プロのダンサーは高度な技術が求められるので、けが防止の観点からもピラティスで骨格矯正することをおすすめします。まずは、スラリとしなやかな立ち姿を目指しましょう!

ダンサー向けピラティス

これからダンスを習い始めようと思っている人、またはダンスのインストラクターをしている人にはピラティスをおすすめしたいです!今「ダンスのためのピラティス」が注目されています。もっと上手に踊りたい!けがをせずに踊りたい!そんな願いをピラティスが叶えます♪


英国ロイヤルバレエ団の専属ダンサーたちも、トレーニングの一環としてピラティスのレッスンを受けています。繰り返すけがが原因で、ピラティスを始めたダンサーも少なくありません。美しさと健康を維持し続ける必要があるプロのダンサーにとって、ピラティスは不可欠なエクササイズなのです。


日本でもダンサー向けのピラティス・レッスンをやっているスタジオも増え、インストラクターも元プロのダンサーという人が少なくありません。また、出張レッスンをしてくれるところもあるので、自分のスタイルに合わせた習い方をしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

ページの先頭へ

HOMEリンクサイトマッププライバシーポリシー

|ピラティスとは?|ピラティスの歴史ピラティスの種類ヨガとの違いアメリカのピラティス事情

|ピラティスと健康|ダイエット肩こり・腰痛予防or改善ストレス解消

|誰でもできるピラティス|リハビリ中の方妊娠中の方中高年の方スポーツ選手|ダンサー|

|ピラティスをやってみよう!|用意するもの準備運動呼吸法基本のエクササイズ1基本のエクササイズ2

Let'sピラティス

|ピラティスをさらに極める!|ピラティス教室に通うピラティス留学する


copyright 2010 Let'sピラティス All Rights Reserved.