ピラティスとは?
ピラティスの歴史
ピラティスの種類
ヨガとの違い
アメリカのピラティス事情
ダイエット
肩こり・腰痛予防or改善
ストレス解消
リハビリ中の方
妊娠中の方
中高年の方
スポーツ選手
ダンサー
用意するもの
準備運動
呼吸法
基本のエクササイズ1
基本のエクササイズ2
ピラティス教室に通う
ピラティス留学する

中高年の方

人は年齢を重ねると、次第に運動する機会が少なくなってきます。運動しないでいると関節や筋肉は固まる一方…。そこで、運動不足を感じている中高年の方に、ぜひともオススメしたいのが、ピラティスです!ゆっくり続けられるピラティスで、病気やけがにも強い若々しい体をつくりましょう!

中高年の方に人気の理由

だんだんと年を重ねるにつれ、若い頃のように体力なくなってきた…と感じている中高年の方も多いのではないでしょうか。何か運動をしたいけれど、体に負担がかかるような激しいスポーツはできないし、ウォーキングなんかも膝や腰にきて長くは続けられない…そんなふうに思っている中高年の方たちに今、大人気なエクササイズがピラティスなんです!中高年者向けのピラティス教室なども、にぎわいを見せているといいます。


目的やエクササイズ方法によって、色んなスタイルがありますが、基本的にピラティスには激しい動きがありません。ゆっくりとした動きが多いため、未経験の人でも始めやすく、続けやすいエクササイズと言えます。長いことこれと言った運動をせずに、なまっていた体をピラティスで無理なく少しずつほぐしていくことができます。日頃から何かと不調を感じることが増えてきた中高年の方にも、優しい健康法だと思います。

ピラティス効果を実感しよう

本格的なスポーツだと、どうしても無理してしまいがちになります。その結果、けがをしてしまう…ということもあり得ますね。そうなると、良い効果を感じるどころか、かえって健康には悪影響となってしまいます。一方、ピラティスは全身をリラックスさせることが目的なので、気持ちいいなぁと思うところで止めればいいのです。続けていくことで、固まっていた関節が柔らかくなり、日常生活においての転倒を防ぐことができます。また、運動で骨密度も高くなって、骨粗しょう症の予防にもなります。続けているうちに、からだ全体が軽くなっていくのが分かりますよ。ピラティスは、若返り効果抜群なのです♪

1人暮らしの方にもオススメ!

中高年の方々のほか、シニア世代にもピラティスは適しています。高齢化社会に伴って、年々高齢者の数が増えてきています。寿命が延び、高齢になっても元気に様々なスポーツを楽しんでいる人は大勢います。ですが、みんながみんな好きなスポーツをやりなから、運動を楽しむことができるわけではないでしょう。元気に運動する人たちを見て「自分も何か運動を始めたい!」と思った人は、ピラティスを試してみてください。これまで紹介してきたように、体力に自信がなくても大丈夫です。


本やDVDを買って自宅で始めるのではなく、できれば週に数回近くのカルチャーセンターなどに通って、しっかりインストラクターの指導を受けましょう。最初は、体験レッスンに参加するといいでしょう。そして、正しい運動法を習ったら、それを自宅でも徐々に実践してみるといいですよ。ただ、ピラティスを正しくするには、呼吸法や正確な動き、集中力などが必要になってくるので本当にきちんとやろうと思ったら高齢者の場合、キケンを伴う可能性がないとは言い切れません。自宅でやる際には、決して無理をせずに自分のペースでやることが鉄則です。


今はシニア世代も1人暮らしの世帯が多いので、外に出かけて習い事をすることで友達もでき、寂しい思いをすることもなくなるでしょう。さらに、身体機能の向上していくことによって、その変化が楽しみになりますし、気持ちも上向きになります。何より日常生活にもハリが出てくることでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ

HOMEリンクサイトマッププライバシーポリシー

|ピラティスとは?|ピラティスの歴史ピラティスの種類ヨガとの違いアメリカのピラティス事情

|ピラティスと健康|ダイエット肩こり・腰痛予防or改善ストレス解消

|誰でもできるピラティス|リハビリ中の方妊娠中の方|中高年の方|スポーツ選手ダンサー

|ピラティスをやってみよう!|用意するもの準備運動呼吸法基本のエクササイズ1基本のエクササイズ2

Let'sピラティス

|ピラティスをさらに極める!|ピラティス教室に通うピラティス留学する


copyright 2010 Let'sピラティス All Rights Reserved.